« NEC、保有するレノボ株すべてを約180億円で売却 | トップページ | 株式投資これだけはやってはいけない 東保裕之 »

株主優待の導入比率が過去最高の27.8%

株主優待の導入比率が過去最高の27.8%

株主配分の一環として自社製品や買い物券などを提供する
「株主優待制度」を実施する企業が広がっている。

導入社数は2年連続で増え、上場企業全体(約3700社)に占める比率は
過去最高の27.8%になった。

株式市場の低迷が長引くなか、増配や自社株買いに加えて
株主配分を強化し、個人投資家の株式長期保有を促す狙いがある。

最近は個人株主を大事にする企業が増えています。というのも、株式持ち合い/dx/async/async.do/ae=P_LK_ILTERM;g=96958A90889DE2E6E3EBE7E4E6E2E3E5E2E1E0E2E3E29BE0E2E2E2E2;dv=pc;sv=NXを解消する動きが強まっていることに加えて、もの言う大株主が増えていることもあり、個人株主を大事にしようという空気が、上場企業の中に広がっているからです。

 一時減少傾向にあった株主優待制度を実施する企業が、ここへきて再び増加傾向に転じています。

 大和インベスター・リレーションズによれば、株主優待制度を実施している企業は2011年で1038社(前年比20社増)と、過去最高を記録しています。

 ちなみにアメリカでは、株主優待制度を導入しているのはごく一部の企業(マクドナルド、スターバックス、ディズニーなど)に限られているようです。

 日本で女性(特に主婦)に人気があるのは、化粧品メーカーの株主優待制度です。自分のポケットマネーではなかなか買う気になれない高級化粧品が、株主優待制度によって毎年、無料でもらえるからです。

|

« NEC、保有するレノボ株すべてを約180億円で売却 | トップページ | 株式投資これだけはやってはいけない 東保裕之 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234015/47102602

この記事へのトラックバック一覧です: 株主優待の導入比率が過去最高の27.8%:

« NEC、保有するレノボ株すべてを約180億円で売却 | トップページ | 株式投資これだけはやってはいけない 東保裕之 »