« デフレの恐怖、模索続く企業 | トップページ | トヨタ、米中で工場建設再開へ=円高で現地生産拡大  »

出遅れ目立つ日本株=円高、政策不信で投資意欲冷え込む

世界各国の株価上昇が目立つ中で、日本株の出遅れが鮮明になっている。2009年7~9月期の国内総生産では景気の回復傾向が確認されたが、「先行きへの不安感はぬぐえない」(大手証券)として、投資家心理は冷え込んでいる。鳩山政権が政策のかじ取りを間違えるようなら、「一段の株安は避けられない」(準大手証券)と、2番底の懸念も高まってきた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091121-00000062-jij-biz

ボジョレーヌーヴォーの解禁日は?看護師の数と求人など腹巻でおしゃれダイエットレッグウォーマーの着こなし・選び方

|

« デフレの恐怖、模索続く企業 | トップページ | トヨタ、米中で工場建設再開へ=円高で現地生産拡大  »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234015/32318362

この記事へのトラックバック一覧です: 出遅れ目立つ日本株=円高、政策不信で投資意欲冷え込む:

« デフレの恐怖、模索続く企業 | トップページ | トヨタ、米中で工場建設再開へ=円高で現地生産拡大  »