« 大証FX、初日はくりっく365の2% | トップページ | 9月の料金、全社が値下げ 電力10社と都市ガス大手4社 »

児童向け英会話ビジネス活発化 英語教育の必修化、不況が教育投資を後押し

公立小学校で英語教育が必修化されることを受け、国内で児童英語に対するニーズが高まっている。2011年度に完全実施される新学習指導要領は「小学5~6年生の英語活動」が必修化され、英語能力が問われる。具体的には、英語の音声や表現に親しみむことで、コミュニケーション能力の育成を目指し、授業は週に1回程度(年間35時間)実施される。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090726-00000000-sh_mon-bus_all

コーヒーマシンの使い方・選び方無料で新車の見積もりをする方法

|

« 大証FX、初日はくりっく365の2% | トップページ | 9月の料金、全社が値下げ 電力10社と都市ガス大手4社 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234015/30712436

この記事へのトラックバック一覧です: 児童向け英会話ビジネス活発化 英語教育の必修化、不況が教育投資を後押し:

« 大証FX、初日はくりっく365の2% | トップページ | 9月の料金、全社が値下げ 電力10社と都市ガス大手4社 »