« みずほFGが30億株・6000億円規模の新株発行を発表 | トップページ | セブン&アイ、中国で外食参入 北京に1号店 »

上半期の米新車販売、底入れの兆しも

【ワシントン=渡辺浩生】米調査会社オートデータが1日発表した6月の米新車販売台数は、前年同月比27.7%の85万9847台となった。20カ月連続で前年実績を下回ったが、減少率は5月の34%から縮小。昨年9月以降の金融危機の深刻化から3割~4割減を続けてきた販売落ち込みに、底入れの兆しを指摘する声も上っている。

 米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を受けて経営再建中のゼネラル・モーターズ(GM)は33.4%減と下げ幅を前月並みに抑えた。2位のフォード・モーターは10.7%減で、下げ幅は5月の24%から一段と縮小した。ビッグスリー(米自動車3大メーカー)で唯一破綻(はたん)を回避し、自力再建を続けていることが、販売面で好影響を与えている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090702-00000519-san-bus_all

地球の歩き方DSとハワイと韓国ナイキのスニーカーとナイキゴルフ選び方

|

« みずほFGが30億株・6000億円規模の新株発行を発表 | トップページ | セブン&アイ、中国で外食参入 北京に1号店 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234015/30384034

この記事へのトラックバック一覧です: 上半期の米新車販売、底入れの兆しも:

« みずほFGが30億株・6000億円規模の新株発行を発表 | トップページ | セブン&アイ、中国で外食参入 北京に1号店 »