« 落ち込む二輪市場で独走するハーレー、成長を続ける秘訣は? | トップページ | ローソンによるam/pm買収が白紙へ »

消費者心理、4カ月連続改善=政策効果に期待感-内閣府

内閣府が18日発表した4月の消費動向調査によると、消費者心理の明るさを示す消費者態度指数(一般世帯)は前月比3.5ポイント上昇の32.4と4カ月連続で改善した。上昇幅は比較可能な2007年4月以来で過去最大。
 これらを踏まえ、内閣府は消費者心理の基調判断を「依然厳しいものの、このところ持ち直しの動きが見られる」とし、3カ月連続で上方修正した。物価上昇の沈静化や定額給付金支給に加え、エコカー購入支援や省エネ家電製品のエコポイント制度など政策への期待感が表れたとみられる。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090518-00000092-jij-pol

シャネル・バングルの選び方

|

« 落ち込む二輪市場で独走するハーレー、成長を続ける秘訣は? | トップページ | ローソンによるam/pm買収が白紙へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234015/29682886

この記事へのトラックバック一覧です: 消費者心理、4カ月連続改善=政策効果に期待感-内閣府:

« 落ち込む二輪市場で独走するハーレー、成長を続ける秘訣は? | トップページ | ローソンによるam/pm買収が白紙へ »