« 28兆円の大型減税検討=景気対策で-次期米大統領 | トップページ | <カーシェアリング>車を共有、不況で会員2割増 車検もなくお得感 »

液晶テレビの薄さ競争激化 ビクター、サムスン

米ラスベガスで8日に開幕する家電見本市「国際コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)を前に、液晶テレビの“薄さ競争”が激化してきた。日本ビクターは5日、画面の最も薄い部分が厚さ7ミリとなる世界最薄クラスの32型液晶テレビ=写真=を開発したと発表した。重量5キロも最軽量で、天井につり下げたり、壁に張り付けることも可能。年内に内外で発売する。画面のバックライトに発光ダイオード(LED)を使用、独自開発の光学システムにより画面を薄くした。消費電力は従来比3割減の100ワット以下にする。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090105-00000005-fsi-ind


★あなたのおすすめの鍋は?★

|

« 28兆円の大型減税検討=景気対策で-次期米大統領 | トップページ | <カーシェアリング>車を共有、不況で会員2割増 車検もなくお得感 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234015/26882915

この記事へのトラックバック一覧です: 液晶テレビの薄さ競争激化 ビクター、サムスン:

« 28兆円の大型減税検討=景気対策で-次期米大統領 | トップページ | <カーシェアリング>車を共有、不況で会員2割増 車検もなくお得感 »