« <雇用対策費>2兆円に倍増…一般財源から1兆円 自公合意 | トップページ | 逆風の金融界でセブン銀行ひとり勝ちの秘密 »

<ビッグ3救済>当面の「延命策」 次期政権に丸投げ

 【ワシントン斉藤信宏】米政府と議会民主党は5日、米自動車大手3社(ビッグ3)救済のため公的資金150億ドル(約1兆4000億円)を緊急融資することで合意したが、救済法案がすんなり可決されるかは予断を許さない。民主、共和両党内には依然、救済に難色を示す議員も多いためで、仮に法案が可決されても当面の危機を回避するための「延命策」に過ぎず、本格的な経営再建につながるか懐疑的な見方も強い。

 米政府と民主党首脳が合意した緊急融資150億ドルは、ゼネラル・モーターズ(GM)が「1月末までに必要」と訴えていた80億ドルに、クライスラーから支援要請のあった70億ドルを加えた額と一致する。フォード・モーターは米上院での公聴会で「当面の資金繰りには困っていない」(ムラリー社長)と答えており、支援策はまさに「1月末までの運転資金の手当て」に過ぎないとみられる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081206-00000082-mai-bus_all

|

« <雇用対策費>2兆円に倍増…一般財源から1兆円 自公合意 | トップページ | 逆風の金融界でセブン銀行ひとり勝ちの秘密 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234015/25979382

この記事へのトラックバック一覧です: <ビッグ3救済>当面の「延命策」 次期政権に丸投げ:

« <雇用対策費>2兆円に倍増…一般財源から1兆円 自公合意 | トップページ | 逆風の金融界でセブン銀行ひとり勝ちの秘密 »