« 中小企業が年越しピンチ…貸し渋りで疲弊 | トップページ | 行政支出3500億円削減を=「無駄ゼロ」会議が提言 »

量的緩和の復活に警戒感=福井前日銀総裁

 福井俊彦前日銀総裁は30日都内で講演し、世界的な金融危機を受け、欧米諸国が実施した度重なる利下げや短期金融市場への大量資金供給について「かつての日本の量的緩和を思い起こさせる」と指摘した。その上で「金融の国境が低くなっている中で、多かれ少なかれ、日本にも影響が及んでくることは避けられない」とし、日銀が再び量的緩和政策に追い込まれる事態に警戒感を示した。
 日銀が1990年代に実施したゼロ金利政策や量的緩和政策に関しては「バブル崩壊後の後始末のためとはいえ、金融の姿としては異例な状態だった」と説明。「ようやくゼロ金利を脱したのに、10月末の利下げで政策金利は再び0.3%に低下してしまった」と述べた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081130-00000052-jij-bus_all

|

« 中小企業が年越しピンチ…貸し渋りで疲弊 | トップページ | 行政支出3500億円削減を=「無駄ゼロ」会議が提言 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234015/25799606

この記事へのトラックバック一覧です: 量的緩和の復活に警戒感=福井前日銀総裁:

« 中小企業が年越しピンチ…貸し渋りで疲弊 | トップページ | 行政支出3500億円削減を=「無駄ゼロ」会議が提言 »