« 金融危機、小国カメルーンにも波及=NGO資金に不透明感 | トップページ | 中国GDP伸び率9・0%、3年ぶりに1けた成長 »

金融危機により日米欧で時価会計の見直し検討 そもそも「時価」と「簿価」の違いとは

 世界的な金融危機により市場が混乱している中、米国では時価会計凍結を検討、欧州では見直し策を打ち出すなど世界同時不況に陥るのを防ぐため、欧米の動きが活発になっている。

 日本でも16日、民間の企業会計基準委員会(ASBJ)が時価評価の対象外になる範囲を拡大するなど会計基準を見直す検討を始めた。年内にも改正案をまとめる見通しで、最終的には金融庁が金融商品取引法の関係政省令で決定する。適用時期は未定だが2009年3月期から適用との見方もある。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081019-00000000-sh_mon-bus_all

|

« 金融危機、小国カメルーンにも波及=NGO資金に不透明感 | トップページ | 中国GDP伸び率9・0%、3年ぶりに1けた成長 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234015/24619564

この記事へのトラックバック一覧です: 金融危機により日米欧で時価会計の見直し検討 そもそも「時価」と「簿価」の違いとは:

« 金融危機、小国カメルーンにも波及=NGO資金に不透明感 | トップページ | 中国GDP伸び率9・0%、3年ぶりに1けた成長 »