« 8月機械受注は‐14.5%、予想を大幅に下回る | トップページ | 自社株取得制限を撤廃 年内限定 首相、追加対策で指示 »

世界株安で金2カ月ぶり高値、原油は1年ぶり安値

[シンガポール 10日 ロイター] 世界的に株価が下落するなか、金価格が2カ月ぶりの高値をつけている。一方、世界的な景気後退懸念が高まったことで原油価格が1年ぶりの安値まで下落、原油市場からの資金の逆流が顕著になっている。
 フィリップ・フューチャーズ(シンガポール)のアナリスト、エイドリアン・コー氏は「株式市場が急落するなか、金が勝者として勝ち残るのだろう。金価格が再度1オンス=1000ドルを突破するとの見方は強い。個人的には近い将来に1000ドルを突破するとみている」と述べた。
 世界的な株安が進行し、世界レベルの景気後退懸念が高まるにつれ、安全資産への資金逃避の動きが強まり、金価格は週初から11%以上上昇している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081010-00000431-reu-int

|

« 8月機械受注は‐14.5%、予想を大幅に下回る | トップページ | 自社株取得制限を撤廃 年内限定 首相、追加対策で指示 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/234015/24422548

この記事へのトラックバック一覧です: 世界株安で金2カ月ぶり高値、原油は1年ぶり安値:

« 8月機械受注は‐14.5%、予想を大幅に下回る | トップページ | 自社株取得制限を撤廃 年内限定 首相、追加対策で指示 »